ウェブ会議・ペーパレス会議を導入するなら、シンプル操作で高機能のAWPでコスト削減

クラウド型オンライン会議サポートツール
エーダブリューピー

お問い合わせ

TEL 0120-26-5134

お問い合わせ

無料体験
申し込み

資料・料金表
ダウンロード

  • AWPで、スマート会議へ!
  • ペーパーレス化でコスト削減
  • 遠隔地でビデオ会議
  • デジタル書庫で文書管理がスマートに

会議を、もっとアクティブにする。

AWP(ActiveWebPresentation)は、ブラウザー環境さえあればいつでもどこでもウェブ会議や資料共有ができる、恊働作業用ウェブ会議・プレゼンツールです。 まるで紙をめくるように画面を切り替えられるスムースな操作感と、デバイスやOSを選ばずに使用できる汎用性が特長です。

会議を、もっとアクティブにする。

AWPの特長を動画で確認!



事前のダウンロードなしに、ブラウザーのみで機敏に動作する様子を、1分動画でご確認ください。


導入メリット

  • 情報共有・理解の促進

    会議参加者の
    情報共有・理解の促進

  • 印刷コスト削減

    ペーパーレス化による
    印刷コスト削減

  • 時間・コストの削減

    移動による
    時間・コストの削減

  • セキュリティ向上

    重要書類の
    セキュリティ向上

  • 意思決定の明確化

    アンケート機能による
    意思決定の明確化

製品の特長

  • ダウンロード・インストールの手間なし

    ダウンロード・
    インストールの手間なし

    ブラウザー型ソフトなので、ログインするだけですぐにご利用できます。

  • Office系ファイル対応

    Office系ファイル対応

    ワード、エクセル、パワーポイントなど、ビジネスシーンで多用する基本的なファイル形式に対応しています。

  • マルチOS・マルチ端末対応

    マルチOS・マルチ端末対応

    PC、タブレット、スマートフォンからのアクセスに対応。HTML5対応の各種ブラウザーでご利用できます。

  • 手書きマーキング・ポインター機能

    手書き
    マーキング・ポインター機能

    発表者が画面上に引いた線や、ポインターで示した点を、参加者全員の画面へ共有することができます。

  • セキュリティの向上

    セキュリティの向上

    共有先の端末にデータを残さないので、重要資料でも紙と異なり回収等の手間が発生しません。

  • 投票機能(オプション)

    投票機能(オプション)

    会議の場ですぐに参加者の意見を集約・グラフ化できるので、意思決定のスピードが向上します。

選ばれる理由

ビデオ会話機能(オプション)

最大5ユーザーまで同時にビデオ会議ができます。

ビデオ会話機能(オプション)

選べる3プラン

1サーバー同時接続最大20ユーザー、最大40ユーザー、クラウドプランの3プランを用意しております。

選べる3プラン

使い方

  • 1

    準備

    会議参加者が各々の資料をAWP
    サーバーへアップロード

    準備

    • 会議管理者が会議名、参加者を登録
    • パワーポイント、エクセルなど
      資料をアップロード
  • 2

    会議中

    資料を元に会議が進行

    会議中

    • 参加者は発表を見ながら
      AWP内にメモを取れる
    • 投票機能(オプション)で意見を
      その場で集計・可視化
  • 3

    会議後

    会議参加者のメモを保存

    会議後

    • 発表者・参加者の会議時のメモは
      AWPサーバーに保存可能
    • 管理者が会議名を削除し、
      使用した資料は保管、
      回収、廃棄など選択可能

拡張機能

OPTION

AWP ビデオ会議機能

AWP ビデオ会議機能

映像で、気持ちまで伝わる会議に

  • 最大5ユーザー(5拠点)まで映像の同時接続が出来ます。
  • ソフトのインストールやプラグインが要らず、導入が容易です。
  • ストリーミングサーバーが不要のため、
    通常のビデオ会議システムに比べ安価でご提供が可能です。
  • ビデオ会議単体製品の提供を開始しました>>詳細はこちら

OPTION

デジタル書庫システム AWD(Active Web Document)

デジタル書庫システム AWD

デジタル資料を会議で活用!

  • 散在している文書をデータとして整理し一元管理。
  • AWPと連携し、会議に必要なデータをAWPへ転送できます。
  • 権限付けによるアクセス制限や利用ログなど、管理機能も充実。

導入事例

  • サービス業 大手ホテルグループ様

    サービス業 大手ホテルグループ様

    テレビ会議システムからAWPに切り替えて、
    大幅コスト削減を実現できました。

    全国9拠点・170名規模の幹部会議を行う際、今までは大掛かりなビデオ会議システムを使用していたのですが、やはりコストがネックでした。また、規模が規模なだけに会議資料の印刷費も相当なものになっていたので、ウェブ会議ツールの導入が急務でした。数社に渡って検討した中で、AWPが最もシンプルでわかりやすかったですね。PC、タブレットと端末を選ばないので、導入がスムースだった点も良かったですね。

  • 教育機関 S県立大学様

    教育機関 S県立大学様

    ペーパーレス化で、会議が終わればデータを消去。
    セキュリティ面も向上しました。

    職員会議をペーパーレス化したいと考えて導入しました。学生の個人情報など機密性の高い資料を扱うことも多いので、参加者の端末にデータを残さず資料を閲覧出来るAWPの導入は、セキュリティ面の向上にもつながっています。今後はカスタマイズを加え、講義システムへの応用を計画しています。

  • 製造業 大手自動車メーカー様

    製造業 大手自動車メーカー様

    高機能なのに使いやすい。
    社員みんなに優しいツールです。

    従来は会議時に大量の資料を印刷していたので、用紙や備品のコストが悩みの種でしたが、AWPのおかげで費用を圧縮出来ました。導入にあたっては同カテゴリ製品と比較しましたが、決め手は操作性の良さでしたね。ITリテラシーの低い社員でも使いやすく設計されていて、助かります。業務上どうしても資料やデータが増えてしまうので、AWDとの連携も視野に入れています。

仕様・動作環境

AWP(ペーパーレス会議のみ)スペック

サーバースペック ※オンプレミスタイプの場合 OS Windows Server 2012 R2/2016 (64bit)
CPU コア数:4core以上  最大周波数 @3.5GHz以上
メモリ 16GB以上
ディスク 1TB (1024GB)以上推奨
最大同時接続数 最大50台ライセンス
クライアントスペック Windows PC OS Windows 7/8.1/10 (各32bit/64bit)
ブラウザー Internet Explorer 11 (Windows 7~8.1、アプリ版のみ)
Microsoft Edge
Google Chrome 42以降
Firefox 34以降
iPad OS iOS 9.2以降
ブラウザー Safari 7以降
Android OS Android 4.4.4 以降
ブラウザー Google Chrome 39以降
Microsoft Surface 2 OS Windows RT 8.1
ブラウザー Internet Explorer 11 (アプリ版のみ)

AWP(ビデオ会議)スペック

サーバースペック ※オンプレミスタイプの場合
(ペーパーレス会議と同サーバー)
OS Windows Server 2012 R2/2016 (64bit)
CPU コア数:4core以上  最大周波数 @3.5GHz以上
メモリ 16GB以上
ディスク 1TB (1024GB)以上推奨
外部ネットワークで接続する場合の追加サーバー
(どのタイプでも内部ネットワーク内に必要)
OS Linux (詳細別途)
CPU コア数:4core以上  最大周波数 @3.5GHz以上
メモリ 16GB以上
ディスク 200GB以上推奨
クライアントスペック Windows PC OS Windows 7/8.1/10 (各32bit/64bit)
CPU Intel Core i5シリーズ以上
最大周波数 @3.0GHz以上推奨
メモリ 8GB以上
ブラウザー Google Chrome 42以降
Firefox 34以降
最大同時接続数 1会議室に5接続(ペーパーレス会議室のみの接続を除く)
※同時に利用する会議室数に制限はございません。

※Microsoft、Windows、Windows Server、Internet Explorerは、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
※AndroidはGoogle Inc.の商標です。
※iPadは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※Surfaceは、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
※その他、記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。

ページトップへ